PREV | PAGE-SELECT | NEXT




あいさつ

表紙の写真の作品は、2003年に制作したものです。
尚、当ブログの記事の引用・転載は必ずリンクを貼ってください。


≫ EDIT

ニュース (岩手、宮城で震度5弱)


発生時刻 2012年3月27日20時00分ごろ
震源地 岩手県沖
緯度 北緯39.8度
経度 東経142.5度
深さ 10km
規模 マグニチュード 6.4
震度5弱(岩手、宮城)


静岡まで揺れたんですね。
友達がいつもは蝉の鳴き声の耳鳴りが
今日は鳥の声だと言うので
私は地震だと思うよと言ったらやっぱり発振。
これを書いているときに二回一人地震。

,,,,,,,,,,,,

今日もフル回転の忙しさで先ほど帰宅。
明日はゆっくりできるかな。
夜、友達と「枇杷の湯」へ出かけた。
松本に住んでいたのにこの温泉は全く知らなかった。
真っ先に誰もいない露天風呂に直行。
きれいな月と星を眺めながら贅沢な時間を過ごした。
灯りの具合が昔風で何ともいい。
今日が初めてだけど夜のほうが良さげな雰囲気。。
お殿様の野天風呂もあるそうだけど
私は木作りのほうが好きだから野天風呂はパス。
この温泉、なんと今度の住まいから歩いていける距離だって。
嬉しいな。

嬉しくないこともあった。
久しぶりに体重計に乗ったら39,9キロ。
前回と同じく40キロを切った。嫌だな。
松本に越してから食欲が出てきたので
最低でも2キロくらい太れるかも。

,,,,,,,,,,,,,,,,

地中から響く謎の音で騒動に、原因はマグニチュード1.5の地震だった?」(http://news.livedoor.com/article/detail/6407337/" target="_blank" title="ナリナリドットコム">ナリナリドットコム)
米ウィスコンシン州のある街で、ここ最近、夜中を中心に続発する謎の現象が住民たちを悩ませている。その現象は、寝ていた人でも「目が覚めるには充分すぎる」(米放送局CBSより)ほどの大きさとされる、地中から響いてくる音。3月18日から突然始まったこの音の原因は、自治体がさまざまな調査を行っても特定できなかったことから多くの住民が困惑、中には引っ越しを検討する人もいるそうだ。この謎の現象に襲われたのは、ウィスコンシン州にあるクリントンビルという小さな街。ここでは3月18日の夕方から連日「夜中や早朝を中心に」(米ラジオ局WTAQより)地面から音が鳴り響いているという。これまでに直接的な被害報告はないものの、住宅敷地内のひび割れや不眠を訴える住民も現れ、この事態に自治体も急遽地中調査を開始。ところが、ガスや上下水道のパイプラインには特に異常は見つからず、また、付近で原因となりそうな軍事演習や何らかの活動が行われた報告もなかったため、首を傾げる事態となった。街では、原因を探るべく行われた集会に数百人が集まるなど、住民の中には不安を強くした人も少なくない様子。ある住民は「事態が悪化するのか好転するのか、誰が分かるんだ?」(CBSより)と話し、不安を隠せない。また、別の住民は「庭に立っていると地面の揺れを感じる」とも話しており、地震の可能性も連想させるが、住民の間ではそう思う人は少ないようだ。・・・」

アメリカこのミステリーブームってとても多くて
過去に数えきれないほど記事にしましたが
最近は地下に張り巡らしたトンネルでの
軍による核爆発もあるようだから。





関連記事

| 未分類 | 23:40 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2012/03/28 19:58 | |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT